忍者ブログ
大阪生まれの関西人。スイス・ローザンヌでダンサー。旅芸人日記。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

親友関係が成り立つとき。

互いに親友であるとき、
次のような関係が保たれていると言える。
相手を、自分よりも尊重している。
相手を愛しているのは当然だが、
しかしその度合いは自分を愛するほどではない。
相手との交際においては親密さと柔らかさを少なくとも装っている。
けれども、抜き差しならぬ親密さに落ち入る手前でとどまっている。
また、相手と自分を混合せず、
互いのちがいをよく心得ている。

「さまざまな意見と箴言」 Friedrich Wilhelm Nietzsche




最近読んだ本「ニーチェの言葉」から

フレーズを一つ載せていくこのシリーズ、

少し続きそうです。

さて明日は休みですが、

昼過ぎからマッサージに行って、

その後用事を済ませ、

夜はジュネーブに今公演中のモンテカルロ・バレエを鑑賞して来ます。





そして三人目。

は、Charlesです。

彼も移籍は決まっていません。
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
システム

私の友人は、
薬剤師の免許をもっているので
全国どこに行っても
すぐに仕事ができる。

保育士の知人も子育てが終わって
そろそろ仕事に復帰かなぁ~と
・・・で職業安定所ですぐに見つかり
無事、仕事に復帰。

で、ダンサーはどうなんでしょう!?
私、思うんですけど
ダンサーという職業を
ダンサー生命が終わっても
何らかの形で続けられる制度ってないんでしょうか?

ある程度、知名度があるダンサーは
日本なら「お教室」の先生とかの
声がかかるでしょうが・・・

「ダンサーを辞めたら何になる?」

「絵描きを辞めたら何になる?」

「オリンピック選手辞めたら何になる?」

彼らは辞める事を決めてから
ダンサーや絵描きになるわけではないのに
社会の扱いはどうだろう?

敬意を払われるダンサーは
ほんの一握り。

どうして踊るのか?

どうして絵を描くのか?

誰にも解らない!!

本人さえも。

私が願うのは、
生きて、

生きて、

生きて下さい!!

無題

元気になって(?)良かったです。

『頑張って』っていう言葉はあまり好きではないんですが・・・息抜きしながら頑張ってください。
この記事のトラックバックURL:
カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー


最新CM

[01/08 ましゃ]
[01/07 しょこら]
[01/02 NONAME]
[01/01 ましゃ]
[01/01 しょこら]
最新TB

プロフィール

HN:
KEKE
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1980/09/27
職業:
アーティスト
趣味:
ファッション・ドライブ
バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

忍者ポイント広告