忍者ブログ
大阪生まれの関西人。スイス・ローザンヌでダンサー。旅芸人日記。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Bejart  過去〜現在〜未来


昨シーズン末に新芸術監督ジルに対してスキャンダルが起きた。

日本ではどれ位の方々がご存知かは知りませんし、

話題になっているかどうかも分かりません。


原因は匿名でローザンヌ市宛に送られた一枚の手紙。

内容は主にジルに対しての文句、不満

それとバレエ団施設内の、衛生、破損問題。


内容からして内部の関係者が書いた物です。

誰かは分かりませんし、知ろうとも思いません。



この一枚の手紙が原因で、

ジル率いるBejart Ballet Lausanneと

資金提供しているローザンヌ市が対立しています。



ローザンヌ市の要求はジルの辞任。

バレエ団の要求は何もありません。

今まで通りの活動を続けて行きたい。



ハッキリした証拠のない対立なんて、宇宙と一緒だ。

終わりがない。

だから、バレエ団ともローザンヌ市とも関係のない

第三者がシーズン始まってすぐにロンドンから来ています。

彼は舞台関係の仕事のアドバイザーみたいな方で、

勿論、バレエ、オペラ等「芸術」を把握している人。

ビジネス・アドバイザーでは無いと言う事です。


彼が匿名でダンサーを始め理事、学校関係者、

バレエ団関係者に話を聞きながらレポートを採っている。



ローザンヌに居る間は時間も合わず、

忙しかったので話をする時間が取れなかったんですが、

昨日からリール公演に来ていて、

今日話をして来ました。



一言で言うと「癒し」。

50歳位の男性なんですが、

穏やかで、

いつも笑顔で、

優しい低い声。



世間話をした後、

最初の質問は

「べジャールさんの死後、バレエ団は何か変わったと君は思う?」



べジャールさんが亡くなったと言う事は、悲しい出来事でしたが

べジャールさんが居るか居ないかだけで、

僕がダンサーとしてバレエ団で踊っていく事に関しては

バレエ団は何も変わっていません。

一家の大黒柱が居なくなった、

だからべジャールさんの遺言通りジルが受け継いだ。


「じゃ、君は新監督ジルはどう思う?」




別にどうとか、こうとかは思いません。

ダンサーとして尊敬していますし、

芸術監督としてはべジャールさんが決めた事です。

最近は仕事でもプライベートでも良く喋りますし、

問題は無いです。


「結構ジルの態度が悪いと言う人達も居るけど?」




個人的には問題ありません。

最近リハーサルを持つ様になって感じますが、

仕事とプライベートを一緒にする人が居る事。

リハーサルを持つ側として、ジルの場合は芸術監督として、

やっぱりリハーサル中は大きな声出しますし、

キツい言い方になるかもしれない。

多人数を相手にする事は簡単じゃないんです。

それは作品を、舞台をより良くしたいからであって、

ダンサー個人に恨みがある訳じゃないんです。

それを分からない人がバレエ団に沢山居ると思います。

だからこういう問題が起きるんじゃないですか?


「これからのバレエ団の未来はどうだろう?」



先の事は考えていません。

どうなるか考えもつきません。

僕はべジャールが踊りたい。

だから今はココに居ます。

場所なんてどこでも良い、

もしローザンヌを離れなければ行けないのであれば、

僕は「べジャール・バレエ」について行きます。




彼は明日ロンドンに帰って皆から採ったレポートをまとめ

近いうちに財団、ローザンヌ市に提出するようです。

どうなるかは本当に誰も分かりません。




ただ、

「べジャール」と言う芸術が無くなる様になる事だけは

絶対に阻止したい。





Momo、リール公演無事に終わりました。

明日からあなたの故郷マルセイユです。



keke
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題

私は、日本の(おそらく)一般的なベジャールバレエのファンです。

スキャンダルのこと、ちらりと耳にしたことはありますが、詳細は今初めて知りました。

私は、たった一つ、今まで通り「ベジャールバレエ」を観られることを望むだけです。

KEKEさん、あなたの誠実さとまっすぐさを心から尊敬します。
ココに居ること。

悪がきKEKEの文を読み終えて
鼻の奥がツーンとなったよ!!

私が願うのはダンサーが余計な雑念なく
安心して「踊り」に集中できる環境を!!

よい結果が出る事を願って
9900キロ離れた東京から祈ってます。

追伸:MOMOちゃんはマルセイユ生まれ???
感謝

KEKE様の理性的な文章に本当に感謝いたします。
感情に走りがちな状況での冷静な報告と受けとれました。現状が理解でき、これで何処から雑音が入っても惑わされずにいられます。ありがとうございました。
私もバレエ団が何処に行こうとついていきます!! ブリュッセルからローザンヌに移った時のように。

またひとつ大人になったねケイちゃん!
舞台

切ないです。
悲しいです。
スキャンダルのことは、知ってましたけど。

私も「ベジャール・バレエ」についていきます。
KEKEさん、ダンサーの皆さん、スタッフの皆さん、ファンである私たちが、こういう心配をしないで、心からベジャール・バレエを楽しめるときが来るのは、そう遠くない未来だと願ってます。

無題

報告ありがとうございます。
KEKEさんの思いが伝わり、良い方向に行きますようにと祈るしかできませんが、とにかく応援してます。
Momoちゃん

私の携帯電話では写真が小さくてよくみえなくて。Momoちゃんはわけわからなくて興味が持てなかったのですが、マルセイユ生まれと知り何かがわかりました。
マルセイユ公演はきっと感動的なことでしょう。飛んで行きたい気分です。
KEKEさんの報告を待ってま~す。
無題

ベジャール・バレエ団は、どこへ行ってもベジャール・バレエ団ですよね。
ベジャールさんの事をモモちゃんと呼んでましたよね(笑)マルセイユ…素敵な所で大好きです。
また行きたいなぁ。
無題

きっと大丈夫!そんな気がします。
無題

私は詳しい内容のコトを知らなかったので、以前の記事で、
スキャンダルについてちょっと書かれていた時にも、
「え、何??」って気になっていました。。。

あまり嬉しくないコトを報告するのって、辛いと思うのですが、
真摯に書いて下さって、ありがとうございます。

私がバレエに興味を持ったきっかけが、ベジャールさんの「ボレロ」でした。
そのおかげで感じる事が出来た、たくさんの事。(もちろん、このブログに会えたのも、そのおかげですね☆)
そして、次の代へと踊りが受け継がれていく、その姿も。
いいなぁ。。。と思って観てました。

どうぞ、いい方向に向かいますように、祈っています。
無題

KEKEさんの熱いお気持ちが、
冷静で論理的な文章だからこそ、
余計に心にダイレクトに伝わりました。

時がどれだけ過ぎようと
いいものは必ず残ります。
だから、頑張ってください!
応援しています。
無題

先に書き込まれた皆さんのコメントを1つ1つ読みながら感じたことは、みんな「ベジャールバレエ」を愛しているんだと言うこと。
私達をそういう気持ちにさせたのは、KEKEさん、あなたのまっすぐな気持ちだと思います。どうもありがとう!
無題

先のみなさんがもう色々書いてくださったことに同感です。ベジャールさんはローザンヌに住んでるともブリュッセルに住んでるとも思ったことはない、劇場に生きてるから、っておっしゃった言葉を思い出しました。前々から思っているのですが、Bejart Balletという大切な文化を、芸術を、無形文化財とか何かそういう形で永久にまもれるようにできないものでしょうか。
冷静が生む感動

kekeさんのバランスの取れた考えに感動しました。
みんなが、kekeさんのように考えるなら問題は起きなかった。kekeさんの言葉はきっと調査者の心に響いたと思います。
ベジャールの芸術は、絶対に誰かが護らなければならない。
いい結果が出ることを願っています。
無題

たった一枚の手紙で本当にこんな事が起こるの!?
それならば日本から私達にも、何か出来ることがないでしょうか。
KEKEさん、又報告をして下さいね。
それと洋服すっごくカッコイイよ! 
無題

 KEKEさんのまっすぐに物事を見つめる姿勢が素敵だと思います。
すべてが良い方向に行ってくれるように祈っています。いちベジャールファンとして。
無題

バレエ鑑賞初心者の者です。ただ、そのきっかけは遠い昔、ドンさんのボレロの録画をNHKで観た時の衝撃でした。なんの予備知識も無いままに、世界の何処かにこんなダンスがあるんだって思いました。
それから、数十年、人生の様々な経験をし、やっと自由に好きなバレエを観に行くことが出来るようになりました。その矢先にベジャール氏との別れ。去年のその日の前日に、フッと、もっと早くこんな時間が来れば・・と思った翌日でした。私をバレエに導いて下さったベジャール氏の世界をどうか後に残してください。生きる事、死ぬ事、愛する事、争う事・・・様々な人生の瞬間を喜びと共に感じられるベジャールの世界を・・・。
無題

そんな事になってたんだね・・・。
ジルはどうなるのかなぁ~?
大尊敬してるジルが大変な事になってるのね。

どうなっちゃうんだぁ~
無題

ずっと気になっていたGilのこと、書いて下さってありがとうございます。

カンパニーに皆さんが那須野さんの様に考えていてくれたら良いな。

Gilも、だけど、わたしも「べジャール」と言う芸術が無くなることは絶対にイヤです!
無題

気にかかっていた現状を知ることが出来て支えがおりました。ありがとうございます。
ブログを拝見していて、KEKEさんから少しの揺らぎをも感じることがなかったのは、こんなにまっすぐにしっかりと貫く気持ちがあるからなのですね。
ベジャール・バレエにとって一番良いかたちで受け継がれてゆくことを、世界の片隅で
市井のファンとして心から願っています。
カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー


最新CM

[01/08 ましゃ]
[01/07 しょこら]
[01/02 NONAME]
[01/01 ましゃ]
[01/01 しょこら]
最新TB

プロフィール

HN:
KEKE
年齢:
37
性別:
男性
誕生日:
1980/09/27
職業:
アーティスト
趣味:
ファッション・ドライブ
バーコード

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

お天気情報

忍者ポイント広告